NEMARU(ねまる)のにいがた発見旅

新潟県長岡市の宿 NEMARU Stay&Discoveryの宿長が新潟観光を主観でほんのり提案するブログです。

探求を続けるラーメン|燕のKUBO LABO

新潟県では毎年数十軒の新しいラーメン屋が誕生しています。

その中で2021年に新しく出来たばかりのラーメン屋が燕市にあります。

『KUBO LABO』さんです。

駅前や商業地ではなく住宅地のど真ん中にあります。

 

平屋の一軒家を改装したようなお店です。

なんとなく親近感が湧きます。

 

車は表に数台停められますが、裏手には広い駐車場があるので停める場所には困らなそうです。

 

開店直後に来たのですが、既に数名のお客さんが入っていました。

店内は清潔感ある内装です。

 

小上がりの席もあります。

 

メニューはメインで塩そばと中華そば、数量限定のつけそば。

 

このときは限定で麻婆麺、辛いラーメン、麻婆丼がありました。

和え玉?なんでしょう。少し気になります。

 

私は限定の麻婆麺(汁なし)を注文。

最近麻婆豆腐を食べてなかったので私の中でマッチしました。

 

スープはもちろん麻婆豆腐ですが、とろみが強く味わい深い。

周囲のラー油を好みで混ぜると辛味が増していきます。

どこか感じる山椒の痺れもとても良い感じです。

入っている肉も普通の麻婆豆腐より大きめで食べごたえ抜群!

 

宿長は最近スープを飲むのは控えめにしているのですが、こちらは麻婆豆腐ですからね。

もちろん全部いただきました!

ごちそうさまでした!

ライス系を頼んで麻婆豆腐を乗せるのも美味しいかも。

 

こちらは鰹昆布水のつけそばです。

見てください。

つけそばですが既に麺が濃い出汁に浸かっています。

つけダレはシャバシャバ系というかサラサラ系の醤油ですが、こちらも出汁が強く出ています。

そしてなんと!"かきのもと"が浮いてます!

かきのもととはこの季節に県内で食べられる食用菊です。

主におひたしなどされるのですが…これは興味唆られます。

 

なんと!(二度目)麺の出汁にとろみが付いてます!

とろみが強く出る昆布を使っているからだとか。

このとろみとつけダレが合わさって美味いのなんの。

麺もラーメンというより蕎麦に近いような感じです。

これは大盛り余裕ですね。

 

以前にも来たことがあったのですが、来るたびに発見がある、正にこのブログの趣旨に合ったようなラーメン屋さんでした。

次は和え麺もお腹的に頑張って食べてみたい!