NEMARU(ねまる)のにいがた発見旅

新潟県長岡市の宿 NEMARU Stay&Discoveryの宿長が新潟観光を主観でほんのり提案するブログです。

大地の芸術祭 2022(2)|明石の湯

今日は何も予定が無いのでパスポート持って大地の芸術祭へ!

だいぶ涼しくなったので動きやすいでしょう。

まずは検温のためにキナーレへ。

 

駐車場は埋まってますが何やら静か。

 

ん?

 

誰もいない?

 

???

 

 

 

 

休みやんか!!

えっ芸術祭って休みあんの!?

休火祭・中水に読めて一瞬理解できなかった。

マジかー今日どうしよう。

 

 

そういえばキナーレって温泉あるんですよね。

ずっと気になってはいたけど、まだ入ったことない。

タオルも何もないけど行ってみようか。

『明石の湯』はキナーレ内。

 

大人600円。

どうやらタオルセットも200円でレンタルできるみたいです。

温泉入るつもりはまったくなかったけど、

こりゃもう思いっきり寛ぐしかない!

 

中は想像以上に広々。

コンクリート打ちっぱなしでデザイナーズ物件みたいです。


果物や野菜などが並んでいました。

ここはローカル感。

 

休憩所もあります。

食事もできるとのこと。

 

クリームソーダ飲みたい。

 

お風呂は一番奥にありました。

例の如く中の写真は取っていませんが、気になる方は公式ウェブページへ!

明石の湯 | 新潟県十日町市の日帰り温泉

ってか浴室も広っ!

キナーレって温泉のことやったんや!!

 

お風呂は大浴槽と薬湯、それとサウナがありました。

ふたつとも熱くはなく丁度いい感じです。

薬湯が少しぬるめで個人的に好きな感じでした!

個人的にサウナはちょっと苦手なので入りませんでした。


屋外にも出て休憩ができます。

 

とても暖まりましたし寛げました!

いい感じの休憩処が所々にあるので、しばし読書。

 

お子様用のスペースもありましたよ。

小さなお子様連れでも楽しめそうです。

 

すっごく気になるこれ!!

 

目的の芸術作品はお休みで残念でしたが、温泉が良かったのでヨシ!

あ、お休みでも常設されている作品はいっぱいあるので、帰り道に以前から気になっていたトイレを見ました!(作品)

 

【GoogleMaps:NEMARUから明石の湯(キナーレ)までの経路】

 

関連記事

ghnemaru.hatenablog.jp