NEMARU(ねまる)のにいがた発見旅

新潟県長岡市の宿 NEMARU Stay&Discoveryの宿長が新潟観光を主観でほんのり提案するブログです。

夕陽が沈む道の駅|道の駅 越後出雲崎・天領の里

長岡市に隣接した港町 出雲崎。

私もよく釣りに来たりします。

港に接して『道の駅 越後出雲崎・天領の里』があります。

 

天領、つまり出雲崎は江戸時代では幕府の直轄地。

出雲崎では佐渡から船で運ばれた金銀が荷揚げされてました。

 

柏崎市から新潟市までの日本海沿い約80km間、道の駅はここしか無いんですよね。

厳密に言えば海に接した道の駅は、上越-村上間の約200kmにここだけ。

ながーーーーーーい新潟の海岸線での貴重な道の駅です。

(宿長個人的には寺泊にもあって良い気がします)

なので主に夏場はバイカーが大集合する風景が見れます。

少し前まではポケモンGOプレイヤーが大集合してました。

 

こちらには物産センター、石油記念館、天領出雲崎時代館が併設されています。

そう、昔この出雲崎では石油を採っていたのです。

詳細は観光ウェブサイトへ↓

出雲崎の魅力に触れられる「道の駅 越後出雲崎 天領の里」/出雲崎町|新潟県観光協会公式ブログ たびきち|【公式】新潟県のおすすめ観光・旅行情報!にいがた観光ナビ

出雲崎石油記念館 | 出雲崎町ホームページ

 

物産センターでは地元の野菜やお土産の他…

 

出雲崎産のお米が売られていました。

是非バイクの後ろに積みましょう。

 

2階にはレストランがあります。

宿長的に道の駅にはソフトクリームがセットなのです。

 

なのです!

こちらはただのソフトクリームではなく、出雲崎で誰もが知っている(お世話になっている)良寛牛乳のソフトクリームです。

濃厚ですが後味さっぱりで美味し!

 

良寛牛乳はコーヒー牛乳も出しておりまして、それもソフトクリームになりました!

甘めのコーヒーソフトと苦めのコーヒーソフトがあります。

私はまだ甘いやつしか食べたことがないので、次は苦いやつを食べます!

 

そういえば「良寛」で反応する方もいるかも知れないですね。

良寛さんは曹洞宗の僧侶で、この出雲崎で生まれ出家しました。

岡山 玉島(現倉敷)の円通寺で修行し、後に新潟に戻り余生を送りました。

岡山では良寛"様"と呼ぶ方も多いかもしれませんが、新潟では親しみを込めて良寛"さん"と呼ぶことが多いです。

岡山で修行したことを知らない新潟県民も多く、なんか子供とよく遊んでるお爺さんというイメージが強いと思います。

私もそのことを知らず、倉敷に宿修行に行った時に知り、円通寺にも訪れたことがあります。

 

以下の写真は玉島の円通寺

 

現在の出雲崎に戻りまして、

レストランに初めて入ったのですが結構広い。

そして広がる日本海。

 

お座敷もありますので足を伸ばして寛げます。

 

遠くの弥彦山と出雲崎港。

赤い灯台が特徴的です。

 

穏やかな風景。

 

出雲崎の道の駅と言えばこれです。

夕凪の橋。

恋人たちの聖地とも言われています。

行ってみましょう。

 

入れるのは11月いっぱいまでなので注意!

 

釣り針垂らしたくなりますが禁止ですからね!

 

二人で鐘を鳴らすべし!

今回訪れた時にはおじさんが一人で鳴らしてました。

そして頼まれたので写真を撮ってあげました。

 

鎖と鍵。

恋人はここで繋げるんです。

私は昔、男の友人たちとワイワイしながら来ました。

 

丁度夕陽が沈むタイミング。

恋人の橋で夕陽とおじさん…素晴らしい一枚。

 

日本海の夕陽を見たくなったら出雲崎、オススメです!

 

【GoogleMaps:NEMARUから道の駅 越後出雲崎・天領の里までの経路】

 

関連記事