NEMARU(ねまる)のにいがた発見旅

新潟県長岡市の宿 NEMARU Stay&Discoveryの宿長が新潟観光を主観でほんのり提案するブログです。

NEMARU周辺(新潟県長岡市)の寒波の影響について|2023.1.25

10年に1度と言われる寒波が1月24日と25日に渡って日本列島を襲いました。

ねまるがある雪国新潟も最高気温がマイナスになったり積雪量が増えるなどの影響が出ています。

 

24日夜の寒波のピークが過ぎ、25日の日中のねまるは雪が10センチ程積もっていました。

もっと積もると思っていたのですが、個人的な感想として大したことありませんでした。

ほんのり積もった印象です。

 

このときは気温-4℃、雪は溶けずにサラサラです。

日中でも最高気温がマイナスなんていうことは長岡の平野部辺りではあまりありません。

 

パウダースノーで雪が軽いので除雪は楽でした。常にこんな雪質だったらどれだけ楽か。

中途半端に溶けると重くなって大変なので気温が低いうちに除雪したほうが良いと思います。

 

ねまる前の道も雪が積もって白くなっています。

ただ1ヶ月前の大雪に比べたら全く積もっていません。

単純に降らなかったのか、強風が吹いていたため雪が風下に飛ばされたのでしょうか。

 

日中でもマイナス気温なので道も氷でバリバリです。


町の外の田園地帯に出てみました。

雪で白くなっていますが土が見えそうな積雪量です。

 

雪は大して積もっていませんが路面が凍結しています。

急発進、急停車、速度を上げすぎないようにしてください。

また、雪が軽く飛びやすいので、周囲が平らの田園地帯で強風が吹くとホワイトアウトしやすい状況です。

田園地帯の道より、できるだけ集落のある道を選んで走ったほうが安全だと思います。

しかし道によっては圧雪でデコボコしているので気を付けてください。

 

ねまるのある長岡市与板町より内陸にあるお隣の見附市に足を運んでみました。

与板町よりも多少雪がある感じです。

こちらも路上が凍結したり踏み固められて滑りやすくなっています。

 

1ヶ月前の12月19日に大渋滞が起きた国道8号を通ってみました。

路面に多少雪はありますが圧雪によるデコボコは無く、しっかりと除雪されている感じです。

物流も普通に動いていました。

 

今回はねまる周辺の平野部のみの状況ですが、山間部など他の地域は雪が多く積もっていると予測できます。

今後は徐々に気温が上がる予報ですので、屋外で行動する場合は路面状況に気をつけましょう。

また、降雪量次第では以前のような立ち往生のような障害も発生する可能性がありますので、積雪地域にお越しの際には天気予報などを確認の上お越しください。