NEMARU(ねまる)のにいがた発見旅

新潟県長岡市の宿 NEMARU Stay&Discoveryの宿長が新潟観光を主観でほんのり提案するブログです。

本とカフェと温泉の癒やし空間|新潟市のカーブドッチヴィネスパ

前回はカーブドッチのワイナリーを紹介しましたが、同じ敷地内に温泉施設があります。

『カーブドッチヴィネスパ』です。

近年リニューアルし、約4,000冊の本とカフェが楽しめる施設に生まれ変わったそうです。

私はまだ利用したことが無いので新旧比較ができません。

 

カーブドッチワイナリー目の前にある大きな建物。

今までは温泉利用でしか入れないと思っていたのですが、カフェ利用で普通に入館できるみたいです。

なので初めて入ってみます。

 

カーブドッチにはバスでも来れるようです。

しかし春までお休みとのこと。

 

中に入ると広くて、なんか凄い!

結婚式場みたい。

 

入り口はこちらのようです。

 

まずは入場券を買うようです。

温泉利用は1,000円。

温泉に入らなくてもブックラウンジドリンク券で入場できるとのこと。

入場券+ワンドリンクな券。

これがいわゆるカフェ利用ですね。

今回はカフェ利用で入場します!

ちなみに温泉+カフェ利用の1,500円の券もあります。

長時間滞在したい方はこちらの方がお得かも。

 

ドリンク券はノンアルコールだけでなくグラスワインなども選べます。

 

入ってすぐ空間に驚きました。

たかーい!ひろーい!

 

ヌン活(アフタヌーンティー活動)してる!

新潟でできる所があったのか。

なんか上質空間に迷い込んでしまったみたいでアタフタしてます。

でも地元のシニアの方も温泉に入りに来ているので面白い場所です。

 

館内の至る所にブックディレクターの幅允孝さんという方が選書をした本が並んでいます。

本棚は10のテーマで分けられているみたいです。

レストラン近くには食のテーマで本が置かれていました。

 

本を見て歩くだけで楽しい。

床暖房なので冬でもストレスも無く心地良い。

カフェのドリンクのことを忘れています。

 

2階にも続く本空間。

各々の場所で寛ぎ方が変わります。

 

本と本の間に温泉への入り口が。

とても面白い空間です。

 

建物はグルっと庭園を囲むようにしてできています。

 

他にもヘアサロンや雑貨屋も併設されていました。

 

こちらがカフェカウンター。

私はメロンフロートを注文。

フロートも頼めるのは嬉しかった。

呼ばれるまで待ちます。

 

なんだこの景観!

本当に新潟!?絵みたい!!

 

こちらは宿泊も出来るのでブドウ畑の風景を見ながら過ごすこともできます。

いやー素晴らしい。

 

好きな本を選んで読んでドリンクを飲んで…最高です。

これで温泉なんか入っちゃったらもう出たくなくなるんじゃないでしょうか。

実際寛ぎすぎて寝ちゃいそうになりました。

こんな場所があったとは…

 

日常を離れたい方、癒やしを求めている方は訪れると満足できるはずです!

 

【公式ウェブサイト:カーブドッチヴィネスパ】

vinespa.jp