NEMARU(ねまる)のにいがた発見旅

新潟県長岡市の宿 NEMARU Stay&Discoveryの宿長が新潟旅をほんのり提案するブログです。

やっぱ生姜醤油は食べておかないとね(青島食堂の長岡生姜醤油ラーメン)

ブログのお引越しをしました!

なぜかというと以前のブログは非常に操作が不便だったということ。

以前読んでいた人は分かると思いますが、非常に重い。

編集側としても、重い。

毎日投稿するにもストレスフルでした。

なので外部サイトとはなりましたが、こちらでよろしくお願いいたします!

 

ということで、今回紹介するのは長岡系生姜醤油ラーメンの青島食堂です。

この『系』って大事ね!

長岡のラーメンは生姜醤油だけじゃないので

また生姜醤油のお店も市内外に色々あるので、長岡っぽいってニュアンスね。
この曖昧な感じがいいんです。

長岡ラーメン、だと違うんだこれが。

これが新潟でラーメン食が根付く理由のひとつだと思うんだけど

長くなるのでそれはまた別の記事で…

まぁ普通に長岡生姜醤油でもいいと思います(適当)

 

どうやら最近、新潟市のラーメン外食費が1位になったみたい。

順位なんて気にしていた人いるの?

と思うほど、元々新潟県内ではラーメン文化が浸透してます。

地元スーパーではカップラーメンの列も異常に長い。

(それ以上にお菓子エリアが広い)

 

家では白米食べるから外食くらいは麺で…
なんて理由が、あるのかな?

 

近年では新潟五大ラーメンと言われるようになりましたが

燕三条背脂ラーメンで有名な杭州飯店では創業80年を超えていたり

今回紹介する青島食堂も60年程も続いているくらい昔から地元に愛されています。

県内で名物になってる、いわゆるB級グルメなんかも

戦後から続くような長〜く愛されているお店ばかりなんです!

 

 

自分がよく行くのは曲新町店。
中は厨房が中心となり、それに全員が向かって座る

厨房が劇場の舞台のような作りになっています。

(なんか間のパーテーションが緊急事態感出てる)

 

※画像はチャーシュー麺

今どきナルトが浮いてるラーメンってありますか?

パッと見、ラーメンと言えばこれよオブ・ジ・イヤー

って言うくらい標準的な醤油ラーメンの見た目をしてます。

 

初めて生姜醤油ラーメンと聞いた人は、生姜が浮かんでると思いましたか?

おろし生姜なんかが入っているお店もありますけど

青島食堂ではエキスとしてスープに溶け込んでいます。

レシピは働いた人しかわからないとか何とか。

 

生姜のエキスが溶け込んだ醤油ベースのスープはコクが深く

甘みと旨味を最高に感じられるラーメンです。

 

スープだけでなく

宿長は細かく乗ってるチャーシューが味が染みていて凄く好きです。

また、少し硬いくらいの細麺がホント好き。

ほうれん草が良いアクセントになってとても好き。

海苔なんて10枚くらい並べたいくらいに好き。

数種類ある胡椒もその日の好みで選んでバリバリかけちゃう!

って、好きすぎじゃん!

そんな魅力的なラーメンなんです。

 

ちなみに店によっては、乗ってるそれぞれの量を増やしたり(追加料金)、麺を固めに注文できちゃいます。

スープも自由に濃くできちゃったり。

自由すぎじゃん!

 

現在長岡では宮内駅周辺に4店舗、新潟市にも数店舗

なんと東京の秋葉原にもあるみたいですね。

せっかくなので、長岡に来たら一度は訪れてみてください!

 

【GoogleMaps:NEMARUから青島食堂 曲新町店までの経路】